today view
1/

focus top




MITUNOマガジン


蜜のレンズから発信するマガジン!
カラコンにまつわる様々な情報を紹介します。
思わず人に教えたくなる、知っておくとお得な情報が沢山。
ぜひチェックしてみてくださいね!!


カラコンサイズの選び方
投稿者 : MITUNO    作成日 : 2018.02.05    照会 : 172

カラコン初心者のためのわかりやすいカラコンサイズの選び方

参照:https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Doctorsme_5917/

カラコンは、付けるだけで瞳や顔の印象が変わる、手軽なおしゃれアイテムです。色や見せ方など、さまざまな種類のものをお店やインターネットで購入することができます。しかし、種類が多いうえに直接目に入れる商品であることから、初心者は「どれをどうやって選んだらいいのか分からない」となってしまいがちです。
カラコンの選び方の基本として、まず大切なのは「目に合ったものを選ぶ」ことです。目に合った適切なサイズのカラコンを選ぶことで、不快感や目のトラブルを防止できます。
ここでは、カラコンのサイズ選びの基本についてご紹介します。ぴったりのサイズのカラコンを選んで、目のおしゃれを楽しみましょう。



カラコンのサイズとは

参照:https://color-contact-lens.net/diameter

インターネットの通販サイトや、店頭でのカラコンの商品案内には、「DIA」「着色直径」「BC」の表示がされています。「DIA」「着色直径」「BC」とは、コンタクトレンズにおける「サイズ」の指標のことです。 洋服にサイズがあるように、カラコンにもサイズがあります。そして、購入時にこの「サイズ」を確認することはとても大切なことなのです。それでは、ひとつひとつの用語について説明をしていきましょう。



レンズ直径(DIA)とは

DIAとは「diameter(直径)」という意味の頭文字です。DIAの数値は、レンズが湾曲した状態で測定します。通販サイトなどでは14ミリ以上が主流です。コンタクトレンズメーカーや眼科で販売されているカラコンでは、13.8ミリなど、14ミリ未満のものが多いです。

DIAが大きくなれば、目にフィットする部分が増えるのでズレにくくなります。しかし、目を覆う部分が大きくなることで、圧迫感が大きくなり、目への酸素供給が減るリスクが高まります。目的と、瞳の大きさに合ったDIAを選ぶようにしましょう。



着色直径とは

着色直径とは、カラコンの「着色部分の大きさのこと」です。着色直径の数値は、レンズを平らにつぶした状態で測定します。そのため、フチいっぱいまで着色されているカラコンでは、DIA(レンズ直径)よりも着色直径が大きくなるという逆転現象が起こることがあります。

瞳の大きさの印象を決めるのは「着色直径」です。しかし、大きければ大きいほど良いというものではなく、盛りすぎれば不自然に見えてしまいます。色を変えたいだけ、ナチュラルに大きく見せたい、しっかり盛りたい、などの目的に応じて着色直径を選びましょう。



ベースカーブ(BC)とは

ベースカーブ(BC)とは、レンズのカーブの具合を示す数値です。8.6ほどを中心として8.5と数値が小さくなればカーブがきつくなり、8.7、8.8と数値が大きくなればカーブはゆるやかになります。
眼球のカーブは人それぞれに異なるため、「このBCであれば良い」というものはありません。完璧に合わせることは難しいですが、できるだけ自分のBCに合ったものを選ぶようにしましょう。BCは自分で測ることはできないため、眼科で測定してもらう必要があります。



サイズ選びを間違えるとどうなるのか?

参照:https://matomedane.jp/page/2462

カラコンのサイズの選び方は、目的によって変わります。ナチュラルに目を大きく見せたい、カラーチェンジを楽しみたい、はっきりくっきりとした大きな目にしたい、などさまざまです。目的に合ったサイズのものを選ばなければ、自分の抱いたイメージと違ったものになってしまいます。

また、BCを調べずにサイズが大きく違うものを使用していると、目に負担をかけ、ドライアイ、角膜に傷がつきやすくなる、などのトラブルの原因にもなります。初めは眼科に足を運び、きちんと診断をしてもらってカラコンを選ぶようにしましょう。



自分に合ったカラコンサイズの選び方

参照:https://www.axes-net.com/abox/fashion/hat

それでは、自分に合ったサイズのカラコンを選ぶにはどのようにすればよいのでしょうか。初心者におすすめのカラコンの選び方を、2点に絞ってご紹介します。



1.眼科処方

参照:http://shiryokukaifuku.biz/gankakensa-363

自分に合ったカラコンを選ぶには、初心者は特に、眼科での受診・診断を受けることをおすすめします。BCは自分で計測できないので、眼科で計測してもらい、処方箋をもらいます。また、このとき大切なのが、BCの計測と同時に「コンタクトレンズを着けても支障ない目か」を診断してもらうことです。

アレルギー体質、ドライアイを発症しやすい、結膜炎を発症している、などの人は、コンタクトレンズを使用することで症状が悪化する恐れがあります。それらの症状に気づかず、安易に市販のカラコンに手を出せば、場合によっては重大なトラブルの原因になりかねません。価格や手軽さだけで選ぶことなく、眼科を受診して、適切なカラコンを選ぶようにしましょう。



2.瞳の黄金比を知って自分サイズのカラコンを選ぼう

参照:http://xn--lckq5npb050z2ncuszjl2c.jp/?p=173

瞳には、美しく見せる「黄金比」があります。白目:黒目:白目の比率1:2:1が、日本人の瞳にとって最も美しいと言われており、この数値に近づけるのが理想です。自分で瞳の大きさを測るには、2つの方法があります。



     
  • 瞳に定規をあてて、スマホのセルフィー機能を使う原始的でお手軽ですが、目に定規があたらないように気を付けましょう。
  •  
  • スマホのアプリを使う

『scale post』http://www.scalepost.com/
実物のセンチメートルが分かり便利ですが、大きさを実物に揃える必要があります。瞳を実物大に合わせるのは難しいので、ティッシュの箱やCDなどと一緒に撮影すると、大きさを合わせやすいです。

瞳の大きさを知ることで、黄金比を割り出せます。黄金比に近づければ、ナチュラルで美しい瞳になります。もっと大きく見せたい場合には、計算上、着色直径が黄金比よりも少し大きくなるものを選ぶなど、工夫が必要です。



まとめ

参照:MITUNOLENS COORDIVIEW 3COLOR (https://www.mitunolens.com/home/product/detail.php?prdcode=G1000000370)

自分の瞳に合ったカラコンを付けることで、安心して目のおしゃれを楽しむことができます。安心・安全のためには確かな知識が必要です。初心者だからこそ「わからない」で終わらせずに、色やタイプを選ぶ前にまず、きちんとしたサイズ選びをすることから始めましょう。



Comment
名前   パスワード
 
(0 / 400byte)
書き込み
 

前の記事 : 初めてのカラコンデビュー!初心者が知っておきたいカラコンで気をつけること [0]
次の記事 : カラコンで失明するってほんと?正しい知識を身に付けよう [0]