today view
1/

focus top




MITUNOマガジン


蜜のレンズから発信するマガジン!
カラコンにまつわる様々な情報を紹介します。
思わず人に教えたくなる、知っておくとお得な情報が沢山。
ぜひチェックしてみてくださいね!!


初心者必見!カラコンがずれるときの対処法!
投稿者 : MITUNO    作成日 : 2018.03.27    照会 : 139

初心者必見!カラコンがずれるときの対処法!

参照:http://xn--pckhws0c8nsbe1081ezo9b.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%8C%E3%81%9A%E3%82%8C%E3%82%8B/

カラコンを着けていて、突然やってくるトラブルのひとつが「レンズのずれ」です。まだ慣れないうちは、どうやって直したらいいのかも分かりませんよね。大事な目に傷がついてしまうのでは…と心配になってしまうことでしょう。

ここでは、なぜ突然レンズがずれてしまうのか、その原因と、ずれた時にはどうしたらいいのか、などについてご紹介します。よくずれるということが続くようであれば、レンズや目などに何らかのトラブルが考えられます。なぜずれてしまうのか、原因を知って、大きなトラブルを未然に防ぐようにしましょう。



カラコンがずれたら放っておくのは危険!?

参照:https://eyecure.jp/924

カラコンが目の中でずれてしまっても「そのうち元に戻るだろう」と、そのままにしておくことはやめましょう。本来あるべきところにおさまっていないことで、レンズが乾燥したり、目の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。 鏡やスマホのセルフィー機能で、ずれていることが確認できたら

     
  • ゆっくりとまばたきをする
  •  
  • ずれた方向と反対の方向に目を動かす
  •  
  • 目薬をさす
などの方法で、焦らずに直しましょう。清潔ではない指先で直接レンズや目に触れることは避けてください。



カラコンがずれる原因と対処法

カラコンがずれるのには、さまざまな原因があります。ほんのちょっとした眼球の動きでずれてしまうこともありますが、目のトラブルが原因のこともあるので「たかがレンズのずれ」と、あなどることはできません。代表的な原因と、対処方法について例を挙げてご紹介します。



レンズが裏表になっている

レンズの裏表を間違えて装着してしまった場合は、レンズのカーブが本来の形ではなくなってしまいます。そのため眼球にうまくフィットせず、レンズがずれやすくなるのです。フィットしていない場合は、ゴロゴロとした痛みや違和感を覚えることが多いですが、気づかないこともあります。
この場合は、レンズを外して、新しいレンズを入れるようにしましょう。一度裏表逆にしてしまったレンズを、再使用をすることは、やめてください。裏表を間違えないよう、装着前にしっかりと色、形などを確認するように心がけましょう。



レンズが汚れたり傷ついたりしている

レンズに汚れや傷がついているときにも、不快感が起こりその結果レンズがずれやすくなります。パッケージから装着をする前には、手を良く洗って清潔にします。そして、爪の先などでレンズを傷つけないようにそっと取り扱ってください。汚れや傷がついたままのレンズは、ずれだけではなく、炎症などのトラブルの原因にもなるので気を付けましょう。



ドライアイになっている

ドライアイとは、涙で目が潤わずに乾燥している状態です。そのため、まぶたの裏側も乾いてしまっているので、摩擦によりレンズがずれやすくなってしまうのです。ドライアイになっている場合は、ドライアイ用の目薬をまめに使用することで対応します。また、ソフトコンタクトレンズを装用する前に使用する「装用液」を垂らすことで、保湿効果が高まることがあります。
しかしこれらは根本的な解決にはなりません。ドライアイの進行具合によっては、カラコンを装着するには不向きな目だと判断されてしまいます。眼科でよく相談をし、アドバイスをもらうのも良いでしょう。



ベースカーブが合っていない

参照:http://startcos.com/basic-knowledge-of-color-contact/

ベースカーブ(BC)とは、レンズのカーブの数値のことを指します。眼球のカーブ具合は人によって異なるため、自分の目になるべく合ったBC数値のレンズを買うことが大事です。
BCが合っていないレンズを着け続けると、ずれやすくなるだけではなく、痛みも生じ、眼球に傷がつきやすくなってしまいます。カラコンの場合はBCがワンサイズであることも多いですが、まずは眼科で計測してもらった、自分のBCに合ったレンズを選ぶようにしましょう。



炎症などの瞳の異常

「なんだか目がかゆい…」と思っていたらアレルギー性結膜炎だった、ということがあります。 かゆみ、目やにの他、レンズのずれもアレルギー性結膜炎の症状の一つなのです。まぶたの裏側にできた「乳頭」と呼ばれるぶつぶつでレンズがずれやすくなるためで、早急な治療が必要になります。



定期的な眼科検診を忘れずに!

「眼科には、装用を始める前に一度ちゃんと行ったから…」と、それ以降行かなくなるのではなく、数か月おきなど、定期的に検診を受けるようにしましょう。カラコンをつけるということは、それだけで、少なからず目に負担をかけている状態にあります。眼科で検査を受け、適切なアドバイスをもらうことが、安心してカラコンを楽しめることに繋がるのです。



まとめ

参照:MITUNOLENS SUPER MAGIC COLOR (https://www.mitunolens.com/home/product/detail.php?prdcode=G1000000528)

カラコンのずれには、ほんのちょっとしたきっかけから、眼病の始まりで、さまざまな原因があります。しかし、必要以上に怖がることはなく、その原因を知ってきちんと対処することが大切です。眼球に傷をつけたり、炎症を起こしたりする前に、正しい装用方法を知り、楽しくカラコンのおしゃれを楽しめるようにしましょう。



Comment
名前   パスワード
 
(0 / 400byte)
書き込み
 

前の記事 : カラコンが痛い!まずチェックすべき5つのポイント! [0]
次の記事 : カラコン装着がばれないようにするための工夫! [0]